宿題1-おまけ

天皇
天皇の呼称は、聖徳太子が隋の煬帝に宛てた手紙において、「東の天皇」と中国皇帝の別名を用い対等を表明したことに由来する。


皇帝
(1)諸王に超越する王の称号。中国では、秦の始皇帝およびそれ以降の歴代王朝の統一君主。西洋では、古代ローマ帝国の統治者およびその名称と権威を継承する諸君主の称号。
(2)君主国で君主の称号。(大辞林)

日本の天皇は、日米同盟の覚書に「日本国皇帝」、emperorとして表現されて以来世界的に皇帝として認知されるようになった。かつては中国、ヨーロッパを始めとし、アメリカやロシア、中南米等に多くの皇帝が存在したが、現在は皇帝位を戴いている国は日本のみとなっている。


他国国王との関係
漢字語の王や公は、皇帝に臣下の礼を取る属国の長という意味合いが強い。しかし、戦前においては他の君主国家の君主を「皇帝」と表記し、また現在においても訪問を受けいれるにあたって「国賓」として遇している。このことから、天皇と他国の君主には上下関係は存在しない。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%B8%9D(Wikipedia)
       http://www.kunaicho.go.jp/05/d05-04-01.html(宮内庁)
      http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=18850(pya!)
[PR]
by laughie | 2007-04-19 00:26


<< 底 宿題1-3 >>